怒涛の★松江0泊3日

先週、松江に行ってきました。

IMG_9999a.jpg


お世話になった叔父の訃報で。

夜行バスで行ってその日にまた夜行で帰ってくる弾丸プランです。

IMG_9997a.jpg

新宿を19時40分に出発。

東名高速の集中工事で渋滞、約1時間遅れの朝8時半到着。

約13時間のバス移動です。

よく眠れたとは言えませんが、恐れていたほどではなく、

日中の活動に支障をきたさないレベル。

まあ、いいんでないの



松江駅前のリトルマーメイドでサンドイッチ。

出雲そばとかあるでしょーと探しましたが、他に食べられるところはスタバだけ。

旅した感ないわ~とぼやきながらも、

いやいや、今回は遊びに来たんじゃないわと思い直すのでした。

それから叔父宅へ。

合掌



IMG_0040a.jpg

叔父宅をお暇し、

30年以上ぶりに高校時代の友人Yちゃんと再会

お互い一目見た途端、声をそろえて

『変わらないね~~

お仕事中のYちゃんと、短いながら昔話と近況報告。



IMG_9998a.jpg

それから、ちょっとだけでも観光を。

私の大好きな島根城へ。

コンパクトながらかっこよく、優美でグッときます



IMG_0009a.jpg

天守閣から。

宍道湖に嫁が島が浮かんでいます。

あのはるか向こうに私の実家があります。



IMG_0021a.jpg

ようやく島根っぽく、割子そば。

太目でしっかり歯ごたえのある出雲そば、美味しかったです。



IMG_0023a.jpg

島根城すぐ下にある案内所お隣のお茶屋さんにて。




さてさて、それから堀川遊覧船。

亡くなった叔父が以前、この船頭さんをやっていました。

かなり昔ですが『DAISUKI!』という番組のロケで、

叔父の船に中山秀征さん、飯島直子さん、松本明子さんを乗せ、案内

その録画を見て、いつかは乗りたいと思っていました。


IMG_0032a.jpg

橋をたくさんくぐります。

低い橋では屋根が下がってきて、

同時に私たちもコンニチハ、ペコリ。



IMG_0025a.jpg

私のよく知っているK校長先生にそっくりな船頭さん。

とてもいいお声で、『貝殻節』を唄ってくれました。

実家が料理屋で、三味線の音色とともに地元民謡を聞いて育った私には

懐かしさと切なさとで胸がいっぱいになりました。



IMG_0033a.jpg

『おねーさん、撮ってあげるよ』

船頭さん、ありがとう




IMG_0046a.jpg

とても楽しい約50分の遊覧でした。

私の印象ですが、

ジャングルクルーズとイッツアスモールワールドを足して2で割り、

笑いと哀愁と情緒をプラスしたような感じ。



さて、今度はお堀端を散策。


IMG_0041a.jpg

神社にお参り。


IMG_0047a.jpg

遊覧船から手を振ってくれます


IMG_0049a.jpg

遊覧船は一日乗車券なので、足代わりにも使えます。

カラコロ工房まで、再度乗船。



IMG_0039a.jpg

今度の船頭さんは安来節でした。

橋の下、エコーがかかる中での安来節は

いつも耳にするそれとは違って、とても情緒あふれるものでした。



IMG_0056a.jpg

左のモダンな建物がカラコロ工房。

旧日本銀行の建物だとか。



IMG_0057a.jpg

こっちのカフェもすごい~!



IMG_0060a.jpg

カラコロ工房にある『幸せのピンクのポスト』。



IMG_0091a.jpg

娘と自分にお土産、お財布お守り。

恋とお財布を守ってくれるのかしら~、ありがたや


IMG_0063a.jpg

散策中に見つけたマンホール。



IMG_0065a.jpg

あっという間に夕方。

寂しいけど、あと少しで帰りのバスに乗らなきゃいけません

ちょっとだけでいいの、島根のお酒が飲みたい

カラコロ広場にある『佐香や』さんで小一時間。



IMG_0071a.jpg

地酒三種、おちょこ一杯ずつ飲み比べ。

地魚お刺身は準備中とのことでしたが、無理をいって造ってもらいました。



IMG_0068a.jpg

軽いのからしっかりめまで、おすすめの3種類。



IMG_0072a.jpg

薄揚げの酒盗チーズ焼き、めっちゃ美味しかった



IMG_0073a.jpg

お料理が美味しくて、ついついもう一杯。

誉池月のひやおろし。



お店のお兄さんが松江のお話を聞かせてくれました。

『松江ってゴミが落ちてないんですよ。』

確かにそうかも

街全体が綺麗で住んでいる人の意識が高く、

おのずと観光客のマナーも良くなるみたい。

いつまでもそうであってほしいな~^^





IMG_0074a.jpg

〆は明太子おにぎり。

ご飯もちもち、明太子プチプチで、

今まで食べた明太子おにぎりの中でダントツ一位でした

いいお店でした、また松江に行ったら訪れたいです。



この後、また夜行バスで約13時間。

寝ては起きてを繰り返し、まあまあ元気で新宿に到着。

無事に一番の目的、叔父さんにお線香をあげることができました。

そして短いながらも自分の時間を持てました。

今度はゆっくり行きたいな~








スポンサーサイト

初めての山登り★高尾山

先日、高尾山に登ってきました

小学校の遠足以来の山登りです。

001a.jpg

予定していた6号路コースが途中から通行止めとのこと。

初めてさんの私は途方に暮れ、駅の観光案内へ。

『歩きには自信あるんですけどぉ、迷っちゃうのが怖いんで~。』

とか何とか言い、おすすめのコースを教えて貰いました



002a_2017092810143010f.jpg

稲荷山コースへ。



003a_20170928101432f05.jpg

木の根が張り出している場所もありますが、

歩きやすい方だと思います。

ペースを落とすことなくどんどん登ります。



004a.jpg

稲荷山山頂で一休み。




005a_20170928101435d98.jpg

最後の試練は山頂直前の200段階段

は、

避けて迂回路へ(案内所のおじさんが教えてくれたのでした)。




006a.jpg

山頂に着きました。

たまたま頼まれて写真を撮ってあげた方が、

私も撮ってくれました。

まるでビール片手に大笑いしてるかのような図。

達成感に溢れてますなぁ。



007a.jpg

山頂のおそうじ小僧さん。



008a_20170928101439651.jpg

おなかもすいたよーと、山菜そば。

甘めのおだしが疲れた身体に染みわたりました




009a_201709281014410d5.jpg

山頂でビールを飲んでいる人が多いのは意外でした。

私もすごく誘惑に駆られましたが、初めてで様子もわからないのに飲んじゃうのは

危険ではないかい?

自分を戒めてがまんがまん。




010a_20170928101442e42.jpg

4号路から下山スタートです。

下りは膝にきますね。

雨あがりでなくても滑りそう。



011a_20170928101548e3c.jpg

012a_20170928101550cb7.jpg

みやま橋。

緑が綺麗です。



014a.jpg

浄心門近くのお堂。

これから1号路を下ります。

1号路は舗装されて道幅も広く、歩きやすいけど

面白味には欠けるかな。



018a_2017092810155313c.jpg

ずんずんと下り、終点、清滝駅到着。

まだまだ日も高く、体力も残っている感じ

せっかくここまで来たのだから、

もういっちょ行ってみるか




019a_20170928101555484.jpg

今度は6号路(途中から通行止めですが琵琶滝までは行けるとのこと)。



021a_20170928101557bab.jpg

琵琶滝



020a.jpg

琵琶滝から先、6号路は進めないので『びわ滝道』に進みました。

普通にいけば2号路に出られると思っていたところ、

途中で道を間違えて戻ったり、

道も険しく結構な難所。

ゼイゼイしながら『勘弁してぇ~』。

人通りも少なく心細かったです。

後から調べると、この道は上級者コースだったのですね。

思い出に残りそうです




022a.jpg

ようやく展望台に行きついて、心底ホッとしました。

ここからの下りはさっきと同じ1号路なので、

ケーブルカーに乗って下山。

ざっくり、高尾山を1.5往復したことになります。

あ~楽しかった






子どもの頃遠足で行った登山は辛い以外の何物でもありませんでした。

私の持久力がなかったのも一因ですが、

団体のペースなので、休めないし急に走り出したり、

とにかく過酷でした。

滑りやすい下りもゆっくりしていられず、

転んだままお尻で滑り落ちた悲しい思い出

そんなこんなで約40年間、山からは遠ざかっていましたが

ここにきて、超インドア派の私が山に登ることになるなんて、

自分でも驚いています。

次はどこに行こうかな





晩夏の旅★海の恵みにありがとうの初島

九月の始め頃、熱海の先の初島へ行ってきました

初めて、青春18きっぷを使ってのケチケチ&のんびり旅行。

今回は娘と二人旅です。



img013a.jpg

熱海から約30分。


img006a.jpg


img008a.jpg

島の入り口で。


img010a.jpg

可愛いマンホール、見つけた

しばらく初木神社や海岸あたりを散策。

本格的に島巡りを始めるとお昼にありつけないかもしれないので、

その前に食堂街へ。


img017a.jpg

事前に調べて目星をつけていったのですが、

すでに満席だったりお休みだったり、思った通りにいきません。

ここまで来てハズレを引きたくないし、

ぐずぐずしていると昼食難民の予感・・・

こちらの『うえの』さんでも、お料理の提供が遅れるけどそれで良ければ、とのこと。

ちょっと他を見てきます、と言って一旦は離れた私たちのために

お席をキープしてくださいました。

有り難かったです



img014a.jpg

ガイドブックや読書してのんびり待って、

出たー!サザエのつぼ焼き

大きいです。

うーん、磯の香り

グラスも可愛い~^^



img015a.jpg

交通費を節約した分、美味しいもの食べよ~、と、

おまかせ刺身定食、1800円。

お刺身と、ごはん、お味噌汁(超美味しかった!)、お漬物。

お味噌汁横の小さいのは貝の肝の酢の物。

ところてんはしっかり歯ごたえがあって、本物でした。



img016a.jpg

カンパチ、いさき(炙り)、鯵は朝、獲ったばかりの地物だとか。

普段食べているカンパチとは全然違って、さっぱりと引き締まっていました。

養殖とは餌が違うから、ということらしいです。

鯵はおろしたてで、尾がぴくぴく

身の旨みがはっきりと感じられ、鯵というお魚がこんなにも美味しいものなのかと驚きました。

お魚たち、そしていろんな食べ物に、ありがとう






ご夫婦お二人の小ぢんまりしたお店で、

お客さんさばきが上手とは言えないかもしれませんが、

お料理のこと以外にもとても親切で、

ここで食べられて本当に良かったです



img020a.jpg

さて、腹ごしらえのあとは島を散策。

以前行った城ヶ島とは、岩場の感じが随分違う感じがしました。




img022a.jpg

初島アイランドリゾートの脇を通り、

初島灯台へ。




img026a.jpg

初島では猫を保護?しているのですね。

私はどちらかというと猫好きなので、

普通に共存している感じがよかったです。




img028a.jpg

民宿街の佇まいもノスタルジックで素敵。




帰りの東海道線では二人そろってウトウト

楽しい旅でした。




夏の旅★冷や汗の奥多摩・鳩ノ巣渓谷

もう随分と日にちが経つので忘れ気味ですが、覚え書き。

8月のある日、奥多摩へ行ってきました

電車を乗り継いで、降り立ったのはJR青梅線の古里駅。

駅前のコンビニで飲み物とおにぎりを仕入れ、ハイキングスタートです

003a_20170909092414618.jpg

古里駅近くの橋の上から。

この時はまだ、旅の楽しさだけに思いを馳せ

期待にワクワクしていたのでした




008a_20170909092415764.jpg

最初は車も通る道路を歩き進めていましたが、

だんだんと山道に。




009a.jpg

道は整備されているけど、

かなり険しいところもあります。

ハイキングというより軽いトレッキングでは?

アップダウンきつい~!

熊、出そう

本気で怖くなり、お守りの鈴をチリンチリン。




010a_20170909092418d86.jpg

歩けども歩けども・・・。

まだ一駅歩いていないのに汗だくです。




013a_2017090909242059b.jpg

ようやく渓流が見え、人の気配を感じホッとしました。



018a_20170909093900606.jpg

吊り橋を渡り遊歩道を下って行ったところで滝。



019a.jpg

川沿いの遊歩道を進み、また吊り橋。




021a.jpg

綺麗なところに出ました

渓流沿いのハイキングコースを歩きます。



027a.jpg

ようやく座れる岩を見つけて休憩。

つぶれちゃったけどおにぎりの美味しかったこと~~

このおにぎりの向こうでは青年たちがキャッキャと川遊びをしていました。




028a.jpg

この日いくつめかの橋。


030a.jpg

川を眺めながら気持ちよくお散歩を楽しむのも束の間。

またまた厳しい山(私にとっては崖)登り。

本当に、はあはあ言ってました。




034a.jpg

こんなところにダムがあるのですね。

白丸ダム。




039a.jpg

遊歩道にあるトンネル。

この辺りも人気がなく、鬱蒼としていて、襲われたらどうしようとヒヤヒヤ




040a.jpg

大きな橋を渡り、青梅街道を歩くと終点も間近。

最後はキャンプ場を通り、

(人恋しかったのでしょうね)

たくさんの若者のワイワイ音に癒されました。




043a.jpg

終点、奥多摩駅~

頑張った~~

いやー、たいへんでした。

なんとか最後まで歩き続けられたのは

日頃、走っているおかげと実感しました。





夏の旅★汗と潮風の三浦半島

行ってきました、三浦半島

京急の『まぐろきっぷ』、すごいです。

行く(交通費)と食べる(まぐろのお食事)と遊ぶ(またはお土産)がセットで

品川から3060円

電車とバスだけで3000円ぐらいはかかるから、

ものすごーくお得なのです

京浜急行で三崎口まで。

そこからまず最初にバスで向かったのが城ヶ島。

003a.jpg

展望台から見下ろして


IMG_1127a.jpg

遊歩道をどんどん降りていきます。


IMG_1130a.jpg




005a.jpg

だんだん晴れてきて、気持ちも絶好調~

しばらく磯辺でカニさんと戯れ、

次は・・・


IMG_1135a.jpg

ちょっと登って遊歩道へ。

しばらく鬱蒼とした道が続きます。


002a.jpg

そしてまた岩場へ。

馬の背洞門にて。

ここから城ヶ島灯台へ続くハイキングコースは

岩場の割には歩きやすく、

炎天下、汗を流しながらも楽しく進めました。


IMG_1141a.jpg

灯台をちらっと眺め、

おなかがすいた~!

喉渇いた~!



011a.jpg

いよいよまぐろきっぷの真骨頂、

お食事券の出番です


008a.jpg

まぐろてんこもり丼

ビール以外は全部セットです、タダなのです!!


010a.jpg

1350円の丼にイカ焼きもついているから

普通にお金払うと2000円近くするわけでしょー、

と、ついつい計算しちゃいます。



IMG_1142a.jpg

づけまぐろ、びんちょうまぐろ、中落ち。

中落ちは普段東京で食べる、油の混ざったよくわからないすき身ではなく、

ちゃんとまぐろの美味しさがうかがえました。



012a.jpg

おなかいっぱいになったところで

渡し船に乗り、名残惜しくも城ヶ島を後にしました。




013a.jpg

さて、三崎港に着いて産直センター『うらり』をぶらり。

それからまぐろきっぷのアクティビティチケットで

『にじいろさかな号』に乗船。

わかりやすくいうと遊覧船とグラスボートがミックスした感じ。

上からも下(船の底)からもお魚がよーく見えました。


IMG_1171a.jpg

カモメの餌やりもできます。

人に慣れていてかなり近くまで来てくれ、

手から直接餌をゲット。

すごいスピードで来るからちょっと怖いかも。


IMG_1179a.jpg

海を堪能した後は、森。


IMG_1180a.jpg

小網代の森です。


IMG_1181a.jpg

歩道が整備され、素晴らしいウォーキングコースなんだけど、

誰もいなくて途中で怖くなりました。

さすがに熊は出ないか・・・

でも蜂はブンブン飛んでる・・・

刺されても自力でなんとかしなくっちゃ

緊張して歩きました。



018a.jpg

ようやく人間の生息する地へたどり着けてホッと一息。

白髭神社、だそうです。



016a.jpg

小網代マリーナ。

ここからしばらく歩き、再び路線バスに乗り三崎口へ。

約22000歩、歩行距離約15km、すごく充実した楽しい小旅行でした。

まぐろきっぷバンザイ






10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

claycraft

Author:claycraft
FC2ブログへようこそ!

こんにちは^^
娘が大学生になり、3年プラス3年のお弁当ライフを卒業しました。
おうちごはんと外飲み日記にシフトチェンジ!
最新記事
ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード